- - | 絵画 | 工芸 | 彫刻 | 李朝 | | その他|−−



           

着物に対する概念を全く覆された丸山正の作品。

クロ、グレー、コゲ茶などのシックなと色彩が多く、尺幅という

日本古来のモディールの中で、独自の色や素材感を追求。

丸山の選ぶ素材は赤城産の手紡ぎによる生紬糸を小千谷で

織ったもの。着物は伊勢型師による型紙、江戸小紋師の卓越

した職人の手仕事によって仕上げられている。帯には絵画的

な作業や彫塑的な試みがみられ、箔加工や顔料を重ねた布

を、削る、叩く、擦るなど、素材造りへの探求は限りない。また、

自らの手で穴を開けた布には、存在感のある刺繍が施されて

おり、独創的なデザインをいっそう引き立たせている。彼の手

で鍛え上げられた布は、伝統技術に支えられながらも新鮮且

つモダンな素材であり「丸山の布」なのである。そして彼の

「巻付け」る布々が、見る者を魅了して止まないのは、そこに

彼の純粋なモノづくりへの情熱を感じえるからである。


 

COPYRIGHT(C)2005- asahi-gallery. All Rights Reserved.